美容皮膚科cafe.comはサロン・クリニックの体験口コミを集めた口コミランキングサイトです。

最新の口コミ情報 216

施術の種類

肌に関する様々な悩みに対応し、解決に導いてくれる美容皮膚科。
ここでは代表的なお悩みと、施術の種類をご紹介します。
 

しみ

 
シミの中には、美白化粧品で改善されるものもありますが、医師の治療でしか治せないシミもあります。
美白化粧品を6ヶ月以上使っているのに効果が出なかったという方は、クリニックでの治療が必要なシミかも知れません。
シミの種類によって治療法も異なるので、信頼できるドクターに相談してみましょう。
 

経口による治療

 
●ビタミンC
シミを作るメラニンを還元して、シミの色を褪色させる働きがあります。
 
●トラネキサム酸
シミや肝斑に効果があります。
 
 

外用薬による治療

 
●レチノイン酸+ハイドロキノン
表皮細胞に作用して、新しい細胞を増やし、肌のターンオーバーを数倍にも高め、たまったメラニンを押し上げて、排出する治療法です。
このときに強力な美白作用のあるハイドロキノンを併用することで、シミが漂白されます。
・治療が有効なシミの種類:肝斑、炎症後色素沈着、ソバカスなど
 
レチノイン酸は効果が高い分刺激が強く、皮がむけたり赤くなったりする場合があります。また、ハイドロキノンもかぶれる場合があり、医師の指導のもと、肌の状態を見ながら濃度を調節していくことが大切です。
 
●ケミカルピーリング
グリコール酸(AHA)、サルチル酸(BHA)、トリクロール酸(TCA)などの酸の入った薬剤を使い、皮膚の表面を剥ぎ取り、皮膚が本来持っている再生能力を生かして新しい皮膚の細胞を再生することによりうすいシミやくすみを軽減します。
 
・ソフトピーリング
20~50%濃度のAHAを使います。最もリスクが低いケミカルピーリングですが、赤みや痛みが出ることがあります。剥ぎ取られた上皮は浅いピーリングで2~5日、中程度のピーリングで1週間前後で回復します。
 
・ハードピーリング
TCAを使います。TCAは真皮にまで作用し、皮むけや激しい痛みが出ます。回復するまでに2~4週間かかります。AHAよりリスクが高いぶん、効果は高くなります。施術治療は紫外線の影響を受けやすいので、徹底した紫外線ケアが必要です。
 
ケミカルピーリングを受けたら、紫外線ケアを必ず行なうことと、水分をしっかりと補う必要があります。これらを怠ると逆に色素沈着を起こしてしまうこともあります。
ケミカルピーリングは改善したい症状や肌質によって使用する薬剤の種類や濃度を変更する必要があります。信頼できる医師と医療機関を選択することが重要といえます。
 
 

レーザーによる治療

 
●Qスイッチレーザー、ルビーレーザー、炭酸ガスレーザー など
レーザー治療は、厚みがあるシミや、表皮よりさらに奥の真皮層までとどいているシミに有効です。
レーザー治療の仕組みは、レーザーがメラニン色素に吸収され、シミの部分の表皮と角質層をはがし、そこに正常な皮膚が再生されるというものです。
これにより正常な皮膚組織にはダメージを与えず、きれいにシミを消すことができます。
・治療が有効なシミの種類: 老人性色素斑、脂漏性角化症、ソバカスなど
 
レーザー治療においても、アフターケアが重要です。照射後の肌は紫外線に反応しやすいので、紫外線対策を怠るとまたシミになってしまいます。できてしまったシミをとるためにも、これからシミを作らないためにも、紫外線対策を万全にしましょう。
また、1人が数種類のシミを同時に持っている場合が多く、シミごとに適切な治療が必要です。
レーザー照射が厳禁のシミ(肝斑)もありますので要注意。信頼のおける専門医に相談することが大切です。

 
 

シワ

 
老化によって肌に現れるシワ。シワの有無によって、若々しく見えるか老けて見えるか、印象が全く変わってきます。このシワに対して現在さまざまな治療が行なわれていますが、シワのできる場所、シワの種類によって適する治療法は違います。
 

外用薬による治療

 
●レチノイン酸
シワ治療の代表的な外用薬とい言えば、レチノイン酸です。
レチノイン酸はビタミンAの一種で、表皮に作用して肌のターンオーバーを促進します。真皮層の線維芽細胞を刺激し、コラーゲンやエラスチンの生成も促進し、高いしわの改善率をあげています。
 

ピーリングによる治療

 
●ケミカルピーリング
酸の力で皮膚表面の角質をはがし、新しい細胞を形成します。
ピーリングを行う酸には、いろいろありますが、現在では角質層のごく薄い部分に作用する、弱いAHA(フルーツ酸)と呼ばれるものが主流となっています。
 
酸を皮膚に塗布し、皮膚表面の角質細胞間の結合を弱めて、角質層の表面を傷つけずに薄くはがしていきます。
古い角質の除去や毛穴づまりなどの改善に有効で、古い角質を取り除く作用で、肌の老化とともに増える薄いシミやくすみ、小じわなどの改善も期待できます。
また、継続して月に1~2回の治療を5~6回繰り返すのが理想的です。
 
また、ピーリング後は有効成分が肌に浸透しやすい状態なので、ビタミンCのイオン導入などを行うと肌の深部まで浸透します。ニキビやしみの治療には特におすすめです。
 
但し、同じ酸でもその強さは濃度とpHで変わり、人によって反応は違います。特に日焼けしにくい人は刺激を与えると色素沈着を起こしやすいので注意が必要です。
また、ピーリングの後は角質層が薄くなり紫外線を吸収しやすく、乾燥しやすい状態になっています。日焼け止めや保湿剤などでの充分なケアが必要です。
 

注射による治療

 
●コラーゲン注入
肌の真皮層にあり、肌の弾力やつやを保つコラーゲン。これが年齢とともに減少して、肌のハリがなくなり、しわやたるみとなります。そこで、真皮内に直接コラーゲンを補強し、内側から肌を持ち上げ、シワを消そうというのがこの治療法です。
牛の真皮のコラーゲンを精製したものを溶液として注射し、小じわをとります。眉間のシワ、目尻のいわゆるカラスの足跡そして頬と上唇の堺の溝など、手術のつり上げの効かない部位に効果的です。
 
しかし、注入されたコラーゲンはやがて吸収されてしまうので、3~6ヶ月ごとに繰り返し注射することが必要です。
また、約3%の割合でアレルギー反応を起こすと言われているので、治療の数週間前に必ず皮内テストを行う必要があります。
 
●ヒアルロン酸注入
ヒアルロン酸は多糖類で、すべての生体内に生まれつき存在している物質です。体内でヒアルロン酸は、皮膚にボリュームを与えたり、関節に弾力性を与えるなど、重要な役割を担っています。
また、皮下組織内でヒアルロン酸分子は水と結合してボリュームを作り出したりします。この成分をジェル状に加工したものを皮下に注入し、シワやたるみの改善に応用する治療法です。感染の恐れやアレルギーの心配もほとんどありません。
 
注入されたヒアルロン酸はコラーゲン同様に吸収されてしまうので、6ヶ月~1年ごとに繰り返し注射することが必要です。
 
●ボツリヌス菌注入
この治療は、シワをつくる原因となっている筋肉を麻痺させて、シワにならないようにする方法です。
額や、眉間、目じりの表情ジワの解消に有効です。
注入後、筋肉がつっぱたような感じがすることもありますが、実際に効果が現れるのは3日目以降。その効果は3~6ヶ月が目安です。
 
ボツリヌス菌は表情じわを緩和させるものなので、表情が出にくくなります。きちんと説明を受けて納得した上で治療を受けましょう。また、頻繁に長期に繰り返し使用していると、効果が出にくくなるという報告もあります。
 

レーザー治療

 
●ノンアブレイティブ
皮膚の表皮を剥ぎ取ることなく、表皮の下にある真皮の再生力に働きかけます。小じわに効果があります。1回の治療で劇的に変わるわけではなく、治療期間の間隔を空けながら6~10回の治療が必要です。そのぶん1回の治療のリスクが少ないといえます。
気になる痛みは、少しチクチクする程度です。レーザー照射後は紫外線ケアを徹底して行う必要があります。紫外線ケアを怠ると、色素沈着が起きることもあります。
◆種類: Ndヤグレーザー、ダイオードレーザー、ダイレーザーなど
 
●アブレイティブ
レーザーの熱でやけどを起こさせ、表皮や真皮の一部を剥ぎ取り、皮膚細胞の再生を促します。表皮層は角質層まで生まれ変わり、真皮層でもコラーゲンが増加して活性化され、小じわが大幅に改善されます。
しかし治療直後は、皮膚が炎症を起こし強い赤みが約3ヵ月ほど続きます。1週間は感染症を防ぐテーピングが必要なため、外出できないと考えましょう。
◆種類: ウルトラパルス炭酸ガスレーザー、Erヤグレーザー
 

ラジオ波治療

 
高周波の一種であるラジオ波を真皮層、皮下組織に送り込み、小じわを改善します。
◆種類: ポラリス、サーマクール

 
 

ホクロ・イボ

 
顔の目立つ位置にある黒いホクロやイボは、意外にも老けた印象を与えてしまいます。ホクロ・イボを取るだけで若々しく、肌も美しく見えます。
ホクロは、太田母斑細胞といわれる色素をもった細胞が増殖してできたもので、色素性母斑という皮膚の良性腫瘍です。 イボも良性の皮膚腫瘍です。
ホクロは皮膚ガンに発展する不安もあることから、除去する方が増えています。
 

レーザー治療

 
従来のホクロ治療は、切除縫合したり、くりぬいて切除する方法がとられていました。
しかしこれらの方法の場合、瘢痕やくりぬいた跡にへこみが残るなどの欠点があるため、最近では炭酸ガス(CO2)レーザーによる治療が盛んです。
 
●炭酸ガス(CO2)レーザー
まず治療部位のお化粧を落としてから、マーキングし、レーザーを照射していきます。
痛みに弱い方には、あらかじめ局所麻酔をすることも可能です。治療時間は10分~15分程度です。

 
 

にきび

 

外用薬による治療

 
●抗生物質
ニキビに適応される抗生物質としては、リンコマイシン系抗生物質のクリンダマイシン、ニューキノロン系抗生物質のナジフロキサシンが挙げられます。
 
ただし、抗生物質が適応となるのは炎症を起こして腫れ上がっているニキビだけ。抗生物質にはニキビを治癒する効果があるわけではなく、細菌類を殺傷する力があるだけだからです。
なので、炎症を起こしていない白ニキビや黒ニキビの段階で、抗生物質を処方する意味はありません。
 
もともと肌が強い人、ニキビが出来にくい人が偶然に1回だけ炎症性の赤ニキビに見舞われたという場合なら抗生物質による治癒が望めますが、慢性的にニキビが続いている場合、抗生物質による治療は避け、今後のニキビ予防を重視した専門的な治療が必要になるでしょう。
 
●レチノイド
日本では抗生物質による炎症ニキビ治療が長らく幅をきかせてきましたが、2008年になってようやく、ニキビ治療の世界標準であるディフィリンゲルが認可されました。このディフィリンゲルは商品名で、一般名はアダパレン。この手の薬を外用レチノイドと呼び、日本のニキビ治療を大きく変えた薬として人気を博しています。
 
外用レチノイドは、毛穴付近が柔軟性を失って固く狭くなるのを防ぐことでニキビ発生を抑えます。つまり、ニキビ生成の過程に直接作用する薬なのです。この点が従来の抗生物質による治療と大きく異なり、初期の白ニキビ、黒ニキビに対しても効果が期待できるようになりました。
恒久的な予防は出来ませんが、塗り続けていれば新しくニキビが出来る確率が下がるのも大きな魅力と言えます。
 
外用レチノイドは、皮膚刺激、痒み、乾燥肌の誘発といった数々の副作用があり、不安なく使える薬とは言いがたいのが現実。もちろん、医師の指導下であれば問題はありませんが、副作用に注意すべき薬品であることは念頭に置いておく必要があります。
  

ピーリングによる治療

 
●ケミカルピーリング
用いられる薬剤はサリチル酸、AHA(アルファヒドロキシ酸、フルーツ酸)といった酸性の薬品。不要になった角質を除去することで、新しく健康な皮膚が生成される土壌が整います。
ケミカルピーリングにおいて効果と安全性のバランスを取るためには細かなpH調整が必須。症状、目的によって細かく濃度を調整する必要があります。
普段から敏感肌の方、すでに炎症が生じている方の場合、ピーリングの施術は控えた方が賢明です。あくまでも皮膚の強い方が一時的な“初期の白ニキビ、黒ニキビ”を除去するために受ける施術と考えましょう。
 
 

レーザーによる治療

 
●炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)
二酸化炭素を用いて高出力のパルス波を生じさせるものです。外科手術に使うレーザーメスは、この炭酸ガスレーザーなので、簡単に言えば皮膚組織を焼き切る装置です。ニキビに対しては、表面に小さな穴を開けて、毛穴に溜まった膿、皮脂などを排出させるために用います。腫れがひどい場合、白ニキビや黒ニキビを早期に除去したい場合などには有効です。
●ロングパルスYAGレーザー
除毛、若干のピーリング効果、赤みを消す効果を持っているため、穏やかな作用ではありますが、ニキビ治療に活用することが可能です。
実際、レーザー脱毛した部位は物理的に除毛、脱毛する部位に比べて、ニキビなどのトラブルが起きづらくなることが知られています。加えて、ピーリング効果による新陳代謝の活発化、赤み消去によるニキビ跡の緩和も認められます。
ただ、いずれも間接的かつ穏やかな作用なので、それほど高い効果は望めないのも実情です。
 
●フラクショナルCO2レーザー
ニキビ跡の改善に用いるレーザーで、性質そのものは炭酸ガスレーザーと同様です。
ただ、マイクロドット状に照射するため、広範囲に非常に細かい穴を開ける性質が加わります。わずかな傷が皮膚表面につくことで、肌が表面を再生しようとする上皮化が行われるため、肌の細胞が入れ替わりキレイな肌へとターンオーバーしていくわけです。
陥没したニキビ跡に定期照射することで、凹凸が徐々に平らになっていくため、ニキビ跡に悩んでいる方にオススメです。